RedHawk Linux

ミッションクリティカルなアプリケーションでのリアルタイム性能

RedHawk Linuxオペレーティングシステムは当社のリアルタイム製品群すべての礎となっています。RedHawkは現在市場で入手可能な最も進化したオープンソースRTOSです。極めて低い遅延時間、高度なチューニング機能、確定的なリアルタイムにより、RedHawkは市場を動かす現在の進化した技術で競争し勝つことが必要となるお客様のビジネスに優位性を提供します。

RedHawkは、時間通りに応答できないことは断じて選択肢にないミッションクリティカルアプリケーションのリアルタイム性能を保証します。RedHawkはマルチプロセッサー、マルチコアの技術を十分に活用し、能力が試されるサーバークラスや優れた性能を要求する組み込みアプリケーション向けに申し分ありません。RedHawkは全てのiHawkやImaGenプラットフォームにインストールされた状態で提供され、同様にソフトウェア単体製品としても入手可能です。

保証されたリアルタイム応答

RedHawk Linuxはハードリアルタイム環境のようなミッションクリティカルで必要となる保証付き性能を提供します。RedHawkはHardware-In-the-Loopシミュレーション、トレーニングシステム、データ収集、工業制御、医療用画像システムのように多様なサーバーや組み込みのアプリケーションにおいて理想のLinuxソリューションです。RedHawkは認証されたプラットフォーム上においてユーザーレベルアプリケーションが5マイクロ秒未満で外部イベントに応答できることを保証します。お客様のソリューションが性能要件に満足することを保証するため幅広い市販ハードウェアシステム上でRedHawkを試験しています。

Red Hat互換

RedHawk Linuxのユーザーレベルコマンド、ユーティリティ、システム管理はRed Hat Enterprise LinuxおよびCentOSと完全互換です。kernel.orgから正式にリリースされたキーとなるオープンソースパッチとConcurrentが開発したカーネル拡張機能を統合することで、RedHawkはその優れたリアルタイム性能を実現します。RedHawkのユーザーライブラリは、他のLinuxが提供するものの中にはない付加価値のある機能へのアクセスを可能にします。RedHawkは標準的なLinuxのユーザーレベルAPIと完全互換であるため、ほかのLinuxディストリビューション用に書かれたLinuxアプリケーションは変更することなくRedHawk上で動作します。

拡張可能なプロセッサシールディング

密結合の対称型マルチプロセッシングシステムおよびマルチコアSBCにおいて、RedHawk Linuxは個々のCPUやコアをローカルタイマー、割り込み、デーモン、他のLinuxタスクから保護(シールド)することが可能です。RedHawkの包括的なプロセッサーシールド機能は割り込み応答が保証された高精度の実行環境を提供します。他のディストリビューションとは異なり、RedHawkは実績があり使い勝手の良いシールディングのAPIとともにコマンドラインとグラフィカルユーザーインターフェースの両方を提供しています。RedHawkは、プロセッサーシールディングを必要とすることなく、多数のスレッドの遅延を最小化するためのオプションであるPREEMPT_RTスケジューリングもまたサポートします。

NUMA性能の最適化

RedHawkのNUMA最適化は、最新のNUMAアーキテクチャにおいてリアルタイムプロセスのメモリアクセスが劇的に向上しています。RedHawkはリアルタイムプロセスのページを任意のNUMAノードへ配置し、他のプロセスのページを同じノードで使用しないことを保証します。 RedHawkはライブラリやほかのモジュールを必要に応じて自動的に複製し、性能を最大限にするために複数のノードに同時に保持することが可能です。 同様に、各NUMAノードでカーネルコードと読み取り専用データを複製することでリアルタイム性能を向上しています。

組み込みアプリケーション向けArchitectツール

RedHawkのArchitectは開発者がRedHawkのターゲットイメージに含めるLinuxやアプリケーションモジュールを選択可能になる使い勝手の良いGUIを持つ有力なツールです。特に組み込みアプリケーション向けに設計され、ユーザーは多くの異なるパッケージグループから必要となる数のパッケージを選ぶことが可能です。Architectはフラッシュを使用するディスクレス運用向けにファイルシステムをカスタマイズして最小化することが可能です。Architectのクラスターマネージャーソフトウェアを使用すると、ユーザーはシステムを高度にインストールおよび設定することが可能です。

I/O拡張

全てのRedHawk LinuxのI/Oドライバはリアルタイム性能のためにConcurrentがカスタマイズしています。例えば、RedHawkは入手可能な最新のNVIDIAグラフィクスやGPUドライバを含んでおり、イメージのレンダリングやGPU計算中に最大のデターミニズムをアプリケーションが得られるよう特別に改良されています。

進化したデバッグおよび解析ツール

RedHawk LinuxのユーザーはタイムクリティカルなCPUやGPUのアプリケーションを開発するためにNightStar (Concurrentの強力な統合ツールセット)を最大限に活用することが可能です。NightStarツールは最小限の干渉で実行しますので、アプリケーションの実行の動作や確定性を維持します。ユーザーは迅速かつ簡単にリアルタイムでアプリケーションのデバッグ、モニタリング、スケジューリング、分析、チューニングすることが可能です。GUIベースのNightStarツールは試験時間を減らし、生産性を上げ、開発コストを減らします。タイムクリティカルなアプリケーションには、複数のプロセッサおよびコア、マルチタスクの相互作用、マルチスレッドのような複雑なものを処理することが可能なデバッグツールが必要です。NightStarの拡張機能はシステム担当者が困難な問題を直ぐに解決出来るようにします。

Using RedHawk Architect to Deploy RedHawk from Concurrent