RedHawk6.0の既知の問題 最終更新 2019/02/27


カーネルパッチ情報

注意
パッチインストール後は、KABIが変更になるため、ソースコードを持っていない、バイナリのドライバモジュールは失われ、以前のモジュールでは動作しなくなります。
ソースコードを入手し、再コンパイルしてください。(extmemをご利用の場合には、バイナリパッケージでも、make rebuildで再構築されます。詳細はリリースノートをご参照ください。)
また、必ず作業前にバックアップを作成してください。
	# mkdir -p /usr/local/BACKUP
	# tar cvfz /usr/local/BACKUP/redhawk.orignal.src.tar.gz /usr/src/linux-*RedHawk*
	# tar cvfz /usr/local/BACKUP/brefore-patch.redhawk.tar.gz /boot/* /var/vmlinux/* /lib/modules/*

その他




[back]Back