RedHawk KVM-RT

解き放たれたリアルタイム仮想化

RedHawk KVM-RTは当社によって最適化されたハイパーバイザーであり、実績のあるKVM(カーネルベースの仮想マシン)技術とRedHawk Linuxを統合します。KVM-RT設定ツールを使用することで、RedHawk Linuxのリアルタイム機能が利用可能で単一の物理ホストシステムで動作するVM(仮想マシン)を簡単に作成することができます。

RedHawk Linuxは当社が開発した、オープンソースLinuxオペレーティングシステムのIntel x86およびARM64向けリアルタイム版です。KVM-RT設定ツールはRedHawk Linuxホストシステムのメモリ管理、プロセススケジューリング、デバイスアクセス、I/Oに関する特徴的な機能を活用しています。RedHawk Linuxのシールド技術とスケジューリングメカニズムによってKVM-RTのリアルタイム性能は保証されています。

RedHawk LinuxディストリビューションにRedHawk KVM-RTを実装することでKVMの機能が拡張され、仮想マシンのリアルタイム性能が保証されます。また、複数のリアルタイム/非リアルタイムなゲストマシンもサポートされます。RedHawk KVM-RTは認証されたプラットフォーム上において10マイクロ秒未満の最悪応答時間を達成することができます。

Related Resources

RedHawk KVM-RT Brochure

Real-Time Performance of KVM using a RedHawk Linux Host