Intel Network ドライバ について(e1000e,igb,ixgbe,i40e) 最終更新 2021.11.11


  • RedHawkに最新のIntelネットワークカードのドライバ(e1000e,igb,ixgbe,i40e)を適用する方法


    各RedHawkの Intel NIC ドライバの出荷時バージョンは、以下のようになっています。
    ドライバの各バージョンは、メジャー.マイナー.ビルドの表記です。

    サポートデバイスの詳細は、RedHawk Support Intel Network Card Lists(e1000e,igb,ixgbe,i40e)を参照してください。

    RedHawk Version 6.0 6.3 6.5 7.0 7.2
    RedHawk Kernel Version 2.6.36 3.5.7 3.10.65 3.16.3 4.1.15
    e1000 7.3.21
    7.3.21
    7.3.21
    7.3.21
    7.3.21
    e1000e 1.2.7
    2.0.0
    2.3.2
    2.3.2
    2.3.2
    igb 2.1.0
    3.4.7
    5.0.3
    5.0.5
    5.2.15
    igbvf 1.0.0
    2.0.1
    2.0.2
    2.0.2
    2.0.2
    ixgbe 2.0.84
    3.9.15
    3.13.10
    3.19.1
    4.0.1
    ixgbevf 1.0.0
    2.6.0
    2.7.12
    2.12.1
    2.12.1
    i40e Not supported
    Not supported
    Not supported
    0.4.10
    1.3.2
    i40evf Not supported
    Not supported
    Not supported
    0.9.34
    1.2.25

    お客様ご自身で、行う方法は下記、[ドライバーのインストール方法]をご参照ください。
    移植済デバイスドライバrpmが必要なお客様は、弊社営業 sales@concurrent-rt.co.jp までお問い合わせください。有償で対応させていただきます。
    この有償ドライバでは、RedHawkの異なるカーネルフレーバー用のドライバモジュールをカーネルにインストールし、ソースコードツリーも正常にメインテナンスします。

    2021/11/02現在、RedHawkは、下記のバージョンをサポートしています。

    e1000e version 3.8.4 リリースノート
    igb version 5.8.5 リリースノート
    ixgbe version 5.12.5 リリースノート
    i40e version 2.16.11 リリースノート
    ixgbevf version 4.12.4
    igbvf version 2.3.9.6
    i40evf version 4.12.4

    [ドライバーのインストール方法]

    以下の作業は、特権アカウント(root)で作業を行ってください。

    1.Intel Download Centorから、ドライバをダウンロードし、任意のディレクトリにコピーする。

    2. カーネルのソースツリーを再構築

     RedHawk6.0.2での例:
    
     # cd /usr/src/linux-2.6.36.4RedHawk6.0.2
     # ./ccur-config -n -c
    3. ドライバーを解凍し、rpmファイルを作成する
    注意:ixgbeとRedHawk6.0.Xの組み合わせでは、エラーが発生しますので、 この URLを参考にして、パッチを当ててください。
    
     # rpmbuild -tb igb-5.3.5.4.tar.gz
    
    
    4./root/rpmbuild/RPMS/アーキテクチャ/ 下にインストール可能なドライバモジュールを含んだRPMファイルが生成させるので、それをコピーし、インストールする。
    
     # mv /root/rpmbuild/RPMS/x86_64/igb-5.3.5.4-1.x86_64.rpm .
     # rpm -ivh igb-5.3.5.4-1.x86_64.rpm
    
    
     詳細はダウンロードファイルに含まれるREADMEファイルをご参照ください

    RedHawkのカーネルは、通常4種類の異なるカーネルが出荷されていますので、trace,debug,static,kdumpの各カーネルフレーバーで、上記作業を行ってください。

    また、Linuxは一般的に3つの場所にドライバが構成されます。
    (1)initramfs 起動時に使用するミニルートと呼ばれる小さなカーネル、静的なイメージと動的なイメージの2つが存在します
    (2)/boot下に存在する静的なLinuxイメージ
    (3)/lib/modules下に存在する動的に組み込まれるドライバモジュール(.ko)
    ネットワークドライバとディスクドライバは、起動時に使用するため、上記(1)(2)(3)のすべてに存在します。
    このため、dracutコマンドを使用し、ドライバをinitramfsに組み込む必要があります。
    実際にinitramfsに組み込まれているかどうかは、lsinitrd イメージファイル名で確認できます。
    動的なイメージの場合には、以下の手順でinitramfsを再生成できます。
    
      # dracut --add-drivers "e1000e" -f /boot/initramfs-`uname -r`.img  `uname -r` 
    
    
    静的なイメージの場合には、RedHawkのソースコードツリーに新しいデバイスドライバのソースコードをマージさせる必要があります。
    また、RedHawkのソースコードツリーにマージしていない状態で、異なる動的なデバイスドライバモジュールをツリーから再生成した場合、新しいネットワークドライバが古いデバイスドライバで上書きされますので、ご注意ください。

  • 一部の機種で追加の1000base-txが認識できない

    現象

    PCI-Express 4ch 1000BaseT Etherカード(8086:150e)が認識できない。
    本体内蔵の同一チップは認識する。

    原因

    オンボードチップのPXE BIOSより古いPXE BIOSがアドオンボードに搭載されていたためにオンボードチップは初期化できたが、アドオンボードは(新しいPXE BIOSでは)初期化できなかった。

    アドオンボードなしなしありあり
    BIOS設定PXE OPROM [Disable]PXE OPROM [Enebled]PXE OPROM [Disable]PXE OPROM [Enebled]
    起動時表示なしInitializaing Intel(R) Boot Agent GE v1.3.95
    PXE 2.1 Build 091 (WfM 2.0)
    Initializaing Intel(R) Boot Agent GE v1.3.51
    PXE 2.1 Build 089 (WfM 2.0)
    Initializaing Intel(R) Boot Agent GE v1.3.95
    PXE 2.1 Build 091 (WfM 2.0)
    動作OKOKNGOK

    対処方法

    BIOSメニューの"Advanced - Chipset Configuration"メニューで 両チャンネルとも、"PXE OPROM [Enebled]"に設定するか、
    LANカードのユーティリティ インテルイーサネット・コネクションユーティリティ(Preboot.tar.gz) をダウンロードし、拡張LANカードのPXE BOOTファームウェアのENABLE/DISABLEを切り替える。

    preboot.tar.gzをダウンロード後、任意のディレクトリで tar xvfz preboot.tar.gz で展開後、下記ファイルが展開されるので、
    
    PREBOOT/
    index.htm 			- ホームページのユーザーガイド
    licesnse.pdf 			- ソフトウェアライセンス
    license.txt 			- ライセンスの追加について
    README.TXT 			- ソフトウェアバージョンリリースノート
    relnotes.rtf 			- ウェブパックリリースノート
    PREBOOT/APPS/BOOTAGNT/DOCS 	- ユーザーガイドファイル インテルブートエージェント
    PREBOOT/APPS/BootUtil/		- インテルR Ethernet Flash Firmware Utilityファイル
        ../iv.txt 			- BootIMG.FLB のドライバーのバージョンとイメージ、
        ../bootimg.flb - 		- Prebootイメージファイル
        ../DOCS/bootutil.txt 	- インテルRイーサネット・フラッシュ・ファームウエアー・ユーティリティーREADME
        ../linux_x64/ 		- インテルRイーサネット・フラッシュ・ファームウエアー・ユーティリティ
        ../linux32/ 		- インテルRイーサネット・フラッシュ・ファームウエアー・ユーティリティ
    
    # cd PREBOOT/APPS/BootUtil/Linux_x64
    # chmod +x bootutil64e
    
    
    
    を行い、実行可能にしてから使用する
    使用したコマンドは下記のとおり。
    
     # ./bootutil64e -NIC=1 -FD 
     # ./bootutil64e -NIC=1 -WOLD
    
    -NIC=XX
          Selects a specific network port in the system. If used without any executable option, it prints the iSCSI boot configuration of
     the selected port, or saves it in the file when the -O option is used.
    -FLASHDISABLE or -FD
          Disables the capability to run flash firmware on the selected adapter.
    -WOLDISABLE or -WOLD
          Disables Wake On Lan (WOL) functionality on the selected port
    
    
    なお、マニュアルは、
    
     # ./bootutil64e -?
    
    
    で表示される。
    以下にコマンドの記録を示す。
    
    現在の状態を示す。以下ではPORT3のPXEがENABLEである。
    # APPS/BootUtil/Linux_x64/bootutil64e -SHOWPXE -NIC=1
    
    Intel(R) Ethernet Flash Firmware Utility
    BootUtil version 1.5.94.2
    Copyright (C) 2003-2015 Intel Corporation
    
    ERROR: Unsupported feature
    
    Port Network Address Location Series  WOL Flash Firmware                Version
    ==== =============== ======== ======= === ============================= =======
      1   90E2BA987754     2:00.0 10GbE   N/A FLASH Disabled
      2   90E2BA987755     2:00.1 10GbE   N/A FLASH Disabled
      3   001B21B0BD1C     3:00.0 Gigabit YES PXE                           1.3.51
      4   001B21B0BD1D     3:00.1 Gigabit N/A FLASH Disabled
      5   001B21B0BD1E     3:00.2 Gigabit N/A FLASH Disabled
      6   001B21B0BD1F     3:00.3 Gigabit N/A FLASH Disabled
      7   008017AD03A0     5:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      8   008017AD039F    10:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      9   001B21A026CC   130:00.0 Gigabit YES FLASH Not Present
     10   001B21A026CD   130:00.1 Gigabit N/A FLASH Not Present
    
    スロット番号(ただし16進)表示
    # lspci |grep Ether
    02:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation Device 10fb (rev 01)
    02:00.1 Ethernet controller: Intel Corporation Device 10fb (rev 01)
    03:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation Device 150e (rev 01)
    03:00.1 Ethernet controller: Intel Corporation Device 150e (rev 01)
    03:00.2 Ethernet controller: Intel Corporation Device 150e (rev 01)
    03:00.3 Ethernet controller: Intel Corporation Device 150e (rev 01)
    05:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation Device 1533 (rev 03)
    0a:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation Device 1533 (rev 03)
    82:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation Device 10e6 (rev 01)
    82:00.1 Ethernet controller: Intel Corporation Device 10e6 (rev 01)
    
    PORT3のフラッシュをDISABLEに設定
    # APPS/BootUtil/Linux_x64/bootutil64e -NIC=3 -FLASHDISABLE
    
    Intel(R) Ethernet Flash Firmware Utility
    BootUtil version 1.5.94.2
    Copyright (C) 2003-2015 Intel Corporation
    
    Disabling boot ROM on port 3...Success
    
    Port Network Address Location Series  WOL Flash Firmware                Version
    ==== =============== ======== ======= === ============================= =======
      1   90E2BA987754     2:00.0 10GbE   N/A FLASH Disabled
      2   90E2BA987755     2:00.1 10GbE   N/A FLASH Disabled
      3   001B21B0BD1C     3:00.0 Gigabit YES FLASH Disabled
      4   001B21B0BD1D     3:00.1 Gigabit N/A FLASH Disabled
      5   001B21B0BD1E     3:00.2 Gigabit N/A FLASH Disabled
      6   001B21B0BD1F     3:00.3 Gigabit N/A FLASH Disabled
      7   008017AD03A0     5:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      8   008017AD039F    10:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      9   001B21A026CC   130:00.0 Gigabit YES FLASH Not Present
     10   001B21A026CD   130:00.1 Gigabit N/A FLASH Not Present
    
    
    PORT3のWOL(Wake On Lan)をDISABLEに設定
    # APPS/BootUtil/Linux_x64/bootutil64e -NIC=3 -WOLDISABLE
    
    Intel(R) Ethernet Flash Firmware Utility
    BootUtil version 1.5.94.2
    Copyright (C) 2003-2015 Intel Corporation
    
    Disabling Wake On LAN for port 3...Success
    
    Port Network Address Location Series  WOL Flash Firmware                Version
    ==== =============== ======== ======= === ============================= =======
      1   90E2BA987754     2:00.0 10GbE   N/A FLASH Disabled
      2   90E2BA987755     2:00.1 10GbE   N/A FLASH Disabled
      3   001B21B0BD1C     3:00.0 Gigabit NO  FLASH Disabled
      4   001B21B0BD1D     3:00.1 Gigabit N/A FLASH Disabled
      5   001B21B0BD1E     3:00.2 Gigabit N/A FLASH Disabled
      6   001B21B0BD1F     3:00.3 Gigabit N/A FLASH Disabled
      7   008017AD03A0     5:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      8   008017AD039F    10:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      9   001B21A026CC   130:00.0 Gigabit YES FLASH Not Present
     10   001B21A026CD   130:00.1 Gigabit N/A FLASH Not Present
    
    PORT4のWOL(Wake On Lan)をDISABLEに設定
    # APPS/BootUtil/Linux_x64/bootutil64e -NIC=4 -WOLDISABLE
    
    Intel(R) Ethernet Flash Firmware Utility
    BootUtil version 1.5.94.2
    Copyright (C) 2003-2015 Intel Corporation
    
    Disabling Wake On LAN for port 4...Unsupported feature
    
    Port Network Address Location Series  WOL Flash Firmware                Version
    ==== =============== ======== ======= === ============================= =======
      1   90E2BA987754     2:00.0 10GbE   N/A FLASH Disabled
      2   90E2BA987755     2:00.1 10GbE   N/A FLASH Disabled
      3   001B21B0BD1C     3:00.0 Gigabit NO  FLASH Disabled
      4   001B21B0BD1D     3:00.1 Gigabit N/A FLASH Disabled
      5   001B21B0BD1E     3:00.2 Gigabit N/A FLASH Disabled
      6   001B21B0BD1F     3:00.3 Gigabit N/A FLASH Disabled
      7   008017AD03A0     5:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      8   008017AD039F    10:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      9   001B21A026CC   130:00.0 Gigabit YES FLASH Not Present
     10   001B21A026CD   130:00.1 Gigabit N/A FLASH Not Present
    
    PORT5のWOL(Wake On Lan)をDISABLEに設定
    # APPS/BootUtil/Linux_x64/bootutil64e -NIC=5 -WOLDISABLE
    
    Intel(R) Ethernet Flash Firmware Utility
    BootUtil version 1.5.94.2
    Copyright (C) 2003-2015 Intel Corporation
    
    Disabling Wake On LAN for port 5...Unsupported feature
    
    Port Network Address Location Series  WOL Flash Firmware                Version
    ==== =============== ======== ======= === ============================= =======
      1   90E2BA987754     2:00.0 10GbE   N/A FLASH Disabled
      2   90E2BA987755     2:00.1 10GbE   N/A FLASH Disabled
      3   001B21B0BD1C     3:00.0 Gigabit NO  FLASH Disabled
      4   001B21B0BD1D     3:00.1 Gigabit N/A FLASH Disabled
      5   001B21B0BD1E     3:00.2 Gigabit N/A FLASH Disabled
      6   001B21B0BD1F     3:00.3 Gigabit N/A FLASH Disabled
      7   008017AD03A0     5:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      8   008017AD039F    10:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      9   001B21A026CC   130:00.0 Gigabit YES FLASH Not Present
     10   001B21A026CD   130:00.1 Gigabit N/A FLASH Not Present
    
    
    PORT6のWOL(Wake On Lan)をDISABLEに設定
    # APPS/BootUtil/Linux_x64/bootutil64e -NIC=6 -WOLDISABLE
    
    Intel(R) Ethernet Flash Firmware Utility
    BootUtil version 1.5.94.2
    Copyright (C) 2003-2015 Intel Corporation
    
    Disabling Wake On LAN for port 6...Unsupported feature
    
    Port Network Address Location Series  WOL Flash Firmware                Version
    ==== =============== ======== ======= === ============================= =======
      1   90E2BA987754     2:00.0 10GbE   N/A FLASH Disabled
      2   90E2BA987755     2:00.1 10GbE   N/A FLASH Disabled
      3   001B21B0BD1C     3:00.0 Gigabit NO  FLASH Disabled
      4   001B21B0BD1D     3:00.1 Gigabit N/A FLASH Disabled
      5   001B21B0BD1E     3:00.2 Gigabit N/A FLASH Disabled
      6   001B21B0BD1F     3:00.3 Gigabit N/A FLASH Disabled
      7   008017AD03A0     5:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      8   008017AD039F    10:00.0 Gigabit NO  FLASH Not Present
      9   001B21A026CC   130:00.0 Gigabit YES FLASH Not Present
     10   001B21A026CD   130:00.1 Gigabit N/A FLASH Not Present 
    
    

  • Intel(R) ギガビット・ネットワーク・アダプタの通信性能について。(総てのバージョン)

    e1000e デバイスドライバでは、10 種の ドライバパラメータが存在し、このパラメータの変更で性能が変化します。
    特に、受信パケットによって発生する秒単位の割り込み数を制限する InterruptThrottleRate パラメータは、ディフォルトで、動的に制限を変更する 動的コンサバティブ(Dynamic Conservatime) アルゴリズムを採用しています。

      InterruptThrottleRate パラメータ
      0,1,3,4,100~100000 (Default Value: 3)

      0: オフ(off)
      1: 動的(dynamic)
      3: 動的コンサバティブ(dynamic conservative)
      4: 単純負荷分散(simplified balancing)
      100~100000: 受信割り込み制限数(Hz)

    このため、秒当たりの受信割り込み数に応じて通信特性が劇的に変化します。
    この通信特性については、別紙 インテル e1000e Linux ドライバ InterruptThrottleRate パラメータの特性 (PDF) を参照してください。

    対策

    リアルタイム用途に於いては、以下の手順で、InterruptThrottleRateをオフに設定することを奨励致します。
    なお、起動時にこのパラメータを変更するには、下記のような行を /etc/modprobe.conf/e1000e.conf に追加してください。

      alias eth0 e1000e
      alias eth1 e1000e
      alias eth2 e1000e
      alias eth3 e1000e
      options e1000e InterruptThrottleRate=0,0,0,0

    注意:上記のようにポートが複数になる場合パラメータをカンマで分ける必要があります。



  • [back]Back